有酸素運動を20分、毎日行えば痩せられる!?|脂肪吸引やメソセラピーより痩身のアポリネールカーサ

脂肪吸引、メソセラピーより痩身
HOME サービス(施術内容) 料金表 店舗のご案内 よくある質問(Q&A) オープン板示板
ご予約はこちらから
アポリネールカーサコンテンツ
お客様の声
スタッフ紹介
施術までの流れ
エステサロン選びのPOINT!
当店について
スタッフBLOG
個人情報取扱いについて
豊胸するならアポリネール銀座店
銀座店  03-5524-3939
  〒104-0061 
東京都中央区銀座1-15-13 
VORT銀座レジデンス
1102号
 
HOME >> CASA痩身コラム >> 有酸素運動を20分、毎日行えば痩せられる!?
CASA痩身コラム
有酸素運動を20分、毎日行えば痩せられる!?

私たちが食事を摂取すると、腸が、脂質、糖質を吸収して骨格筋に運び込み、身体を動かすためのエネルギーとして活用します。しかし、栄養過多の現代の食生活で過剰に摂られた脂肪酸や糖質は、脂肪合成ホルモン(インシュリン)の働きで脂肪となって、皮下や内臓周辺の脂肪細胞の中に多く蓄えられます。脂肪が脂肪細胞にどんどん蓄えられた状態が、肥満と呼ばれる状態です。

一般的な肥満の原因は、食べ過ぎにより、余分に摂取したエネルギーを燃焼するための運動や身体活動が不足した状態、つまり、余分なエネルギーを消費できない状態を続けたことにより起こります。現代社会は便利になった反面、多くの方が日々の運動不足に陥っている状態にあると思われます。

肥満改善には有酸素運動がいいと言われているはご存知だと思います。但し、20分以上は行なってください。そのような言葉を聞いたことはありませんか?それは、ウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動を始めても、最初の20分間程度は、血中にある糖質や脂肪酸を分解して作り出される物質をエネルギー源とします。

20分を超えてさらに運動を継続していくと、糖質や脂肪酸はどんどん消費され、次のエネルギー源が必要となっていきます。そこで活用されるのが脂肪なのです。脂肪の活用を行うにあたり、脳は指令を出し、脂肪分解ホルモン(副腎からはアドレナリン、全身の交感神経の末端からはノルアドレナリン)を放出させ、皮下や内臓に蓄えられた脂肪は遊離脂肪酸とグリセロールに分解され、それが血中に次のエネルギー源として供給され、酸化されて始めてエネルギー源として活用することが可能となります。酸化=燃焼とも表現され、このとき必要なのが十分な量の酸素なのです。

さて、脂肪をエネルギー源として活用(燃焼)するためには、なぜ20分以上の有酸素運動が必要なのかはお解かりいただけたかと思いますが、忙しい現代社会に生きる私たちが継続してそれを行なうことは、必ず痩せるぞという決断、持続するための強い意志、そして、有酸素運動を行なうための時間が必要ですね。20分以上の運動を行なって初めて脂肪が燃え始めるわけですから、一番お手軽にできるウォーキングによる有酸素運動でも、毎日1時間は歩いて下さいと言われます。

最近の研究では20分以上の有酸素運動でなくても、短時間の運動を小分けして行っても同様の効果が得られると言われてるようですが、いずれにせよ、脂肪はこのような運動の継続の努力と、強い意志で行なうことができる方は別として、忙しい現代社会に身を置く多くの方にとって、自分の努力のみでダイエットや痩身を行うには少々難しい時代だと感じるのは私だけでしょうか?

APOLLINAIRE CASA
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) APOLLINAIRE CASA | サイト運営管理者