痩せたら、かっこいい服を着よう!|脂肪吸引やメソセラピーより痩身のアポリネールカーサ

脂肪吸引、メソセラピーより痩身
HOME サービス(施術内容) 料金表 店舗のご案内 よくある質問(Q&A) オープン板示板
ご予約はこちらから
アポリネールカーサコンテンツ
お客様の声
スタッフ紹介
施術までの流れ
エステサロン選びのPOINT!
当店について
スタッフBLOG
個人情報取扱いについて
豊胸するならアポリネール銀座店
銀座店  03-5524-3939
  〒104-0061 
東京都中央区銀座1-15-13 
VORT銀座レジデンス
1102号
 
HOME >> CASA痩身コラム >> 痩せたら、かっこいい服を着よう!
CASA痩身コラム
痩せたら、かっこいい服を着よう!

20代半ばまで痩せていた私は、着る服に悩むことは全くありませんでした。ぴったりしたTシャツやタイトなスーツ、またどんな色のものであろうが、全く意識せず手に取って着ていました。

ところが20代後半で肉が付き始め、ズボンのサイズとベルトの穴の位置が1年ごとにどんどん拡大し、気が付いた頃には、選ぶ色は、紺色や黒の保護色、間違っても体を膨張させて見せるような、ピンクやオレンジ、黄色などは自然と避けていくようになっていました。本当は鮮やかな色が大好きなので、試着はしてみるのですが、まず似合いません。春先や夏などには綺麗な色を着たくもなるというものですが、今は間違っても手を伸ばせませんね・・(涙)

また同様に、タイトな服も自然に避けてしまいます。体のラインを強調させる服などは悲しいほど似合いません。小さいサイズのニットや、ローライズのGパンは、引き締まった腕やお腹、腰だからこそ似合うもの。流行についていけないのも悲しいものです・・・。

先日も、東京のファッションをリードしている友人や、服飾業界の方たちとお話しする機会がありました。「お客様の中には、かっこいい服を買える十分なお金を持っていても、その方の体のラインによっては、着こなせない服も多く、口には出さないけど、内心とても悔しい気持ちで一杯のはずです」・・と話していました。そういった方は、痩せていた昔の自分のボディイメージが抜けず、一旦はタイトなラインや鮮やかな色の服を手に取るのだそうですが、鏡に合わせた時点で、そっと元の場所に返すのだそうです。なんだか自分のことを図星で言われているような気持ちになりました。

アポリネールも今後、このようなアパレル業界に関る方との、コンテンツコラボなどを行いたいと考えているのですが、彼らが言うには、単に痩せているのではなく、出るところは出て、へこむべき部分はへこんでいる方が一番キレイにファッションを着こなせるとのことでした。男性も同様で、バブルの頃は、どちらかと言うとゆとりのあるラインのイタリアンブランドが流行し、がっしりした体の方のほうが、アルマーニやベルサーチ、ジャンフランコフェレ、ベリーなども似合ったそうですが。しかし今は、ドルガバやマックイーン( http://www.alexandermcqueen.net )ジョンガリアーノ( http://www.johngalliano.com )などのトレンドの服は、タイトなものも多く、ボディラインもスリムでないと着こなせくなっています。ブティックの前までフェラーリやマセラッティで乗り付けてくる方ほど、体ががっしりしている、もしくは太っている方が多く、ボディラインに悩みを持っているということでした。

このような話を業界の方から耳にすると、ボディラインを整えたいと本音で思いますね。実は、自分の方法論で、私はこの20日間で4.6kg減量しました。また、みなさんにも方法を後日公開しますが、あと1ヶ月間で4kg落とし、さらに2ヶ月間かけて4kg落としてみせます。但し、何度も申し上げるように、減量とボディメイキングは違います。痩せても取れない肉がどうしても出てきます。減量したからと言って、キレイなボディラインには、ならないのです。減量で落とせない部位は、光脂肪溶解で落としてしまいます。

余談ですが、著名な芸能人やモデル、K1選手にも、ファッションアドバイスをされている方も、その場にいましたが、私が光で脂肪を溶解し、除去できることを話すと、たっぷりとついた横腹と腰上の贅肉を私に見せながら、「すぐにでも除去して欲しい」「いつ、お店に伺えばいいの?」、あげくの果てには、自分でサロンを経営したいとまで言い出す始末でした。いかにボディラインが大切かを知っているからでしょうね(笑)
APOLLINAIRE CASA
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) APOLLINAIRE CASA | サイト運営管理者