アポリネール誕生秘話 最終章|脂肪吸引やメソセラピーより痩身のアポリネールカーサ

脂肪吸引、メソセラピーより痩身
HOME サービス(施術内容) 料金表 店舗のご案内 よくある質問(Q&A) オープン板示板
ご予約はこちらから
アポリネールカーサコンテンツ
お客様の声
スタッフ紹介
施術までの流れ
エステサロン選びのPOINT!
当店について
スタッフBLOG
個人情報取扱いについて
豊胸するならアポリネール銀座店
銀座店  03-5524-3939
  〒104-0061 
東京都中央区銀座1-15-13 
VORT銀座レジデンス
1102号
 
HOME >> CASA痩身コラム >> アポリネール誕生秘話 最終章
CASA痩身コラム
アポリネール誕生秘話 最終章

今回でいよいよ「誕生秘話」に関する最終章となります。初回にもお伝えしましたが、この誕生秘話に関するコラムを書いたのは、どのような経緯と意思で、アポリネール及び、アポリネールカーサという店舗ユニットの運営に至ったのかということを、少しでもこのホームページをご覧の皆様に知っていただこうという気持ちからです。エステティックサロンの中身や運営ポリシーなどは、なかなか外部から垣間見ることができず、多くのお客様は、広告表現や店舗数の数、知名度などからサロンを選ばざるを得ない現状があると思うからです。では、最終章に行ってみたいと思います。

私どもアポリネールでは、光豊胸&光美乳形成専門店『APOLLINAIRE』を運営しながらも、次の美容サービスとしての最有力候補である“痩身サービス”を模索し続けておりました。既存のエステティックサロンでの痩身メニューはほとんど理解していましたし、著名な博士が開発した超音波痩身機器の担当者とも協議を重ねたり、日本に上陸したばかりの斬新かつ最新のテクノロジーの痩身機器類の見学体験にも何度も足を運び、エステ機器の枠を飛び越え、フィットネス系のシステムなども研究、また、気にかかる機器に関しては、効果を確認するため、数種類購入もいたしました。

しかし、当店の考えるようなシステムには、残念ながら、出会うことができませんでした。これは、そういった機器に痩身効果がないという意味ではなく、他の数種類の機器との組み合わせが必要であったり、通っていただく回数が十数回以上必要であったり、施術時に熱さや痛みなどを伴う状況なども勘案した結果、見送ったという意味です。

さて、ちょうどそのような模索をしていた2006年夏頃、私どもは、ある美容皮膚科医師のホームページの監修作業の依頼を受けておりました。そこでは、美容クリニックならではの技術やシステムを導入しており、痩身であれば、脂肪吸引やメソセラピー(脂肪溶解注射)など、エステティックサロンでは決して行うことのできない痩身法もその中に含まれています。特に興味を持ったのが、こういった方法は脂肪細胞ごと除去できてしまうということでした。ダイエットやスポーツジム、サプリメント、従来のエステでの痩身法は、いずれも脂肪細胞の中の脂肪を燃焼、分解させ、体外に排出し、痩身効果を得ようとする方法です。しかし、脂肪細胞ごと除去してしまうことができ、リバウンドリスクがほとんどない脂肪吸引手術やメソセラピーは、究極の痩身法とも言えます。思い返してみると、銀座のクラブで働く私の友人(女性)が、2年ほど前、二の腕のプヨプヨした肉を取るため「今日脂肪溶解注射を打ってきたのよ」と、真っ青になった二の腕を見せながら語っていたことを思い出し、ホームページの監修作業を続けながら、「脂肪細胞ごと除去できる痩身法がエステでも行えたら・・」。漠然とそう思ったものです。

それから数ヵ月が経過し、もう2006年も暮れようかとしたころ、安全で、熱くも痛くもなく、エステティックでも行える脂肪吸引、メソセラピーレベルの痩身技術が日本に入った情報を掴みました。それが、光で脂肪細胞やセルライトを除去するという技術です。早速、見学体験を行い、安全性や理論、効果にも納得できた私たちは、やっと私どもが考える“痩身サービス”が行えるのではないか、と真剣に検証を行い、協議した結果、2007年1月、『APOLLINAIRE CASA』の誕生と至りました。

まだまだこの技術はエステティックサロン、美容クリニックにも入り始めたばかりのものですが、今までの痩身法を根本から覆すような大事件だと考えております。今後も、このような最新のテクノロジーはどんどん生まれてくるわけですが、こういった技術の見極め、導入と併行して、先端マシンの性能ばかりに頼らず、人の心が必ず関与する美容ビジネスにおいて、お客様の立場に立った上で、当店なりの味付けを行うことができればと考えております。

多くの皆様が、当店を全国に拡大したらどうでしょうと、好意を持ってお申し出をしてくださいますが、当店が行える美容サービスの規模は、このあたりが適正かと判断しております。春から夏にかけては、予約を希望されるお客様に、希望日に予約が取りずらいなどのご迷惑をおかけするかと思いますが、当店の運営スタイルをご理解いただければ幸いです。

APOLLINAIRE CASA
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) APOLLINAIRE CASA | サイト運営管理者